ビジネスマンの必須知識!最近話題のBCP対策とは

BCP対策とはそもそも何を指すのか

BCPというのは、「Business Continuity Plan」の略です。ビジネスを継続的に行うにはどうすればいいのかという計画のことですが、主に災害時などに起こる事業関連機器トラブルの復旧を早めるための各種施策を指すことが多くなっています。最近は仕事にコンピューターを使うことも多くなってきました。万が一停電が起きたときにはどうするのか、平素から考えておかなければなりません。特にネットビジネスをしているなら、BCP対策はとても重要な問題となります。

BCP対策の代表例をご紹介

一口にBCP対策と言っても、事業の内容によって必要なことが変わってきます。ただ、多くの事業用機器が電気を使って動いていることは変わりません。ですから、停電時にバックアップ用の電源を備えておくことは、代表的なBCP対策の一つだと言えるでしょう。電力さえあれば、何とかなるケースは多いです。よほどの災害でもなければ、停電している時間は一瞬です。その時間だけでも乗り切れるように予備の電力供給源を確保しておくことは賢い方法だと言えますし、実際に対策を立てている経営者は多いです。

ネットビジネスでは考えることも増える

ネットビジネスは、基本的に24時間365日サービスを継続させて行くケースが多いですよね。ですから、BCP対策の重要度は他の事業の比ではありません。停電はもとより、ハッキングに対する用意もしておく必要があります。顧客の重要なデータは何があっても復旧できるよう、離れた場所にあるサーバーにバックアップしておくのが普通です。機器の故障でサービスが停止してしまうと、最悪損害賠償請求をされることもあるので要注意です。

BCP対策には地震やそれによる津波、台風や洪水など自然環境による災害への対策も含まれます。その内容は従業員の安否確認や人命救助から始まり、緊急の燃料確保まで幅広くまとめる必要があります。