未来を知る方法としては占いがある!いろいろある占術!

占いとは一体どんなもの?

人には運命や宿命というものがありますが、自分の人生はどのようになっていくのだろうと思う人も多いではないでしょうか?私たちにはいつ何がどのようにして起こるのかなど知る余地はありません。もしも未来に起こる予測出来たら、人生を良い方向へ導くことができるでしょう。世の中には科学で解明不能な出来事も多く、そうした時に頼りになるものとして占いを利用する人をたくさんいるはずです。占いにはいろいろな種類がありますが、占ってもらう場合は、自分に合った占いを見つけることが大事でしょう。

体を見て占う占術とは?

人の体のある部分を見て占う占術では、人相占いや手相占いが挙げられます。人相占いは顔の骨格や目や鼻や耳の形など顔の形によって、その人の運命や性格が分かります。手相占いは誰もが知っている占いで、数ある占術の中でも一番ポピュラーな占いだと言えるでしょう。小指の付け根下にある短いしわは結婚線と呼ばれ、この線が多いほど子供に恵まれると言われています。本格的に占ってもらう人もいれば、ちょっとした遊びにも使える占いが手相占いです。

姓名判断で運勢を知る!

姓名判断では各文字の画数によって、天格、人格、地格、外格というものが決まります。天格と地格を足したものが総格と呼ばれます。姓名判断では名前の総画数で大凡の人生が決まると言われています。赤ちゃんを授かった時には必ず名前を付けますが、姓名判断を使って良い画数になるように子供の名前を付けることもよくあることです。天格は名字の部分ですから、結婚しなければ変わりません。結婚後、人生が変わるのは、総画数が変わってくるからです。姓名判断の起源は中国にあり、現代の日本でも人気の高い占いと言えます。

占い師が当たると感じるのは、自分のことを言い当てられているように思えて万人に言えることを言われているからです。これは占い師の話のテクニックです。